イヌワシ軍団の快進撃が止まらない。プロ野球の東北楽天は開幕ダッシュに成功。5月に入っても白星を重ね、一度たりとも首位を譲らない。

 投打ががっちりかみ合っている。今季加入した岸孝之(仙台市出身)、則本昂大の両エースはもちろん、美馬学らほかの先発陣も安定。チームの弱点だった中継ぎも、森原康平、菅原秀ら新人投手が、堂々とした投げっぷりで支える。

 打撃陣は1番の茂木栄五郎内野手が好調。続くペゲーロ、ウィーラー、アマダーの外国人内外野手トリオが脅威を与えている。下位打線もクリーンアップ顔負けの得点力を誇り、相手投手は休まる暇がない。

 チームが目指すのは2度目の日本一。東北楽天ファンの夢は日に日に...    
<記事全文を読む>