東北楽天の新人田中が前日の決勝2ランに続き、この日は右翼の守備で沸かせた。六回2死、右翼線際の邪飛を追い、たわんだ防球ネットに体を預けながら好捕。相手ファンもどよめく好プレーだった。

 「(ネットは)もっと張りがあるのかと思って飛び込んだが、ハンモックみたいな状態になった。藤田さんに『遊んでいるのか』と言われた」と恥ずかしそうに振り返る。

 今回の3連戦は走攻守で毎試合見せ場をつくり、自信になった様子。「悪いところもたくさんあったが、自分の良さは幾つかの場面で出せた。ただ一発屋にならず、三振を減らすなど、もっと完成度を上げていきたい」と謙虚に語った。

...    
<記事全文を読む>