リズミカルな投球で猛牛打線を手玉に取った。メンドーサが7回1失点の好投で、4月1日・西武戦以来の2勝目をマーク。チームを今季3度目の同一カード3連勝に導いた。

 女房役の大野と抜群の相性を見せた。「配球が素晴らしかったよ。奨太のリードでピンチを切り抜けられた。ほとんど首を振ることがないほど息が合っていたね」。今季3度目の対決だったオリックス打線に対し、試合前に立てたプランが奏功した。

 これまでは変化球主体の投球だったが、中盤以降に制球を乱して直球を狙われるケースが目立っていた。この試合では「(以前は)ワンパターンになっていたから、全球種を程よく交ぜながら投げたよ」。直球系を中心にストライ...    
<記事全文を読む>