東北楽天の新人田中が、デビュー2戦目で足で活躍した。1点を追う九回、代走で一塁に立つと、快足を生かしてダイヤモンドを駆け巡り、同点のホームを踏んだ。

 1死一塁から代走に入り、「涌井さんのタイミングはずっと計っていた」とすかさず初球で二盗に成功。暴投、四球で1死一、三塁とした後、「タイミングは厳しいと思った」が、藤田の一ゴロで本塁に突っ込み、巧みなスライディングで生還した。

 梨田監督は「(代走に入って)一発でスタートを切った。なかなかできないことだ」と度胸に感嘆した様子。延長十回、2死一、二塁で迎えたプロ初打席は一ゴロに倒れ、田中は「1軍で出ている人と差を感じた」と反省を忘れなかったが、...    
<記事全文を読む>