今季4度目のサヨナラ負けにも、東北楽天に悲嘆の色はなかった。最後こそ、延長十回に5番手森原が根元(東北福祉大出)に決勝打を浴びて敗れたが、劣勢の展開を打線が粘って追い付いての延長戦。梨田監督は「負けはしたけれど、粘りのあるゲームができた」と価値を強調した。

 十回1死二、三塁。一打サヨナラの場面で打者は3番根元。敬遠して打撃不振の4番福浦と対戦する選択肢もあったが、「福浦は率は低いが経験のある選手。思い切って腕を振れるなら勝負した方がいい」(梨田監督)と根元との勝負を選択。しかし、8球目のフォークボールが真ん中に入り、右前打を喫した。

 抜群の制球力を誇る森原だが、この日は要所で高めに浮き...    
<記事全文を読む>