東北楽天のエース則本が7回5失点と満足のいく内容ではなかったが、12奪三振と持ち味を発揮し、パ・リーグでは史上4人目となる5試合連続2桁奪三振の快挙を成し遂げた。

 一回は「大事にいこうとし過ぎて打たれた」と中田に3ラン、大田に2ランを浴びる悪夢の立ち上がりだった。だが、二回に2死満塁の窮地をしのぐと、打線が6得点の猛攻で一気に逆転。「ここでしっかり投げないと野手に申し訳ない」と気合を入れ直した。

 女房役の嶋と相手打線を分析し、三回からは「初球は真っすぐを待たれている雰囲気があったので、勝負球を使った」。スライダーやフォークボールなど変化球から入る配球を増やし、相手の狙いをうまく逆手に取...    
<記事全文を読む>