◎与田剛1軍投手コーチ 開幕直前に岸がインフルエンザ感染、安楽が右脚のけがで離脱するアクシンデトはあったが、急きょ開幕投手を任せた美馬や辛島が急場をしのいでくれた。選手が緊急事態に動揺せず、対応してくれたことがここまでの戦いにつながっている。

 開幕から30試合連続で初回無失点を記録し、先発の立ち上がりがいい。相手に先制点を許すと攻撃陣にプレッシャーをかけてしまうだけに、試合の入り方を春季キャンプから選手たちに意識付けしてきた。

 32試合を戦って先発に17の勝ち星が付いた。序盤から打線の援護があるおかげで、気持ちに余裕を持ってマウンドに上がれている。先発が六回くらいまで試合をつくり、プルペ...    
<記事全文を読む>