和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンター屋内イベント広場で13日、阪神2軍チームによる少年野球教室があった。田辺・西牟婁の学童野球チームに所属する小学6年生約120人が掛布雅之監督やコーチ、選手から指導を受けた。

 掛布監督が「普段からあいさつと道具を大切にすることを心掛けて。今日は一生懸命に野球教室を楽しんで」と呼び掛け、子どもたちは選手らと一緒に準備運動。その後、ポジションごとにグループになり、打撃や投球、捕球の技術を教わった。

 打撃指導に当たった新井良太選手は「子どもの頃から地元のプロ野球チームに憧れ、プロを目指して人一倍バットを振ってきた」と振り返り「体を大きくするためにたくさ...    
<記事全文を読む>