東北楽天の茂木が1-0で迎えた五回、一振りで勝利を引き寄せた。無死満塁。外角高めの変化球を振り抜くと、打球は左翼テラス席フェンスの上部に当たり、そのまま観客席へと飛び込んだ。「追い込まれていたし、追加点のために犠飛を狙った。強く振ったが、入ると思わなかった」。勝利に貢献しようという必死さが実を結んだ。

 この回、好投の岸を援護しようと、下位打線が奮起した。先頭の島内が際どい判定でセーフになる二塁打を放ち、続く岡島が初球をはじき返し一、三塁。さらに嶋がセーフティースクイズを試みるなど相手を揺さぶり、四球でつないだ。「先輩たちが最高のチャンスをつくってくれた」。勝負強い1番打者は、これ以上な...    
<記事全文を読む>