東北楽天の先発岸が7回4安打8奪三振とソフトバンク打線を寄せ付けなかった。「制球が良く、だいたい狙った所にいった」と、珍しく自画自賛するほどの出来だった。

 嶋が構えるミットに直球がビシビシと決まり、ソフトバンクの強打者もお手上げの様子。四回は3番柳田を外、外、膝元と低めの直球で攻めて3球で空振り三振を奪うと、5番デスパイネには追い込んだ後、高めのつり球でバットに空を切らせた。

 首位攻防2連戦の初戦を落とし、「連敗はしたくない」とマウンドに上がり、責任を果たした。七回は疲れもあって1失点したが、梨田監督は「それ以外は完璧な内容。嶋もいい配球をしたし、付いていった岸も素晴らしい」と絶賛した...    
<記事全文を読む>