東北楽天は投打がかみ合い、快勝した。首位攻防の2連戦を1勝1敗で終え、ソフトバンクとのゲーム差を再び2.5に広げた。

 一回にウィーラーのソロで先制。五回には茂木の満塁弾と銀次の2ランで7-0と突き放した。先発岸は低めの制球が抜群で、7回4安打1失点と好投。無傷の3勝目を挙げた。

 ソフトバンクは先発寺原が五回途中5失点と崩れ、連勝が5で止まった。

 ソフトバンク-東北楽天8回戦(東北楽天5勝3敗、13時1分、ヤフオクドーム、38、585人)東北楽天  100060200=9ソフトバンク000000110=2(勝)岸5試合3勝(敗)寺原9試合1勝2敗(本)ウィーラー4号(1)(寺原)=1回、...    
<記事全文を読む>