「母の日」に“親孝行”ぶりを発揮した。アメリカの実家へは花を送り、栗山監督には勝利をプレゼントした。

 同点で迎えた五回。レアードの第3打席は二死一、二塁で回ってきた。カウント3―1のバッティングカウントで集中力を高めた。「変化球とかストレートとか決めていたわけじゃない。来た球を打つ」と、ロッテ・唐川の直球を振り抜いた。強烈な打球は三遊間を破り、二走・西川が勝ち越しのホームイン。

 「前の打席で満塁のチャンスをつぶしていたから、『今度こそ』という思いだったよ。悪い流れを断ち切りたかった」 1、2打席目を反省して迎えた打席だった。「調子が良くて。ボールが見え過ぎていた。何でも打てると思ってい...    
<記事全文を読む>