嶋が、腰痛を発症する前の4月26日以来となる先発出場となった。白星で飾れず「出るからには勝たないと。勝てなかったのは悔しい」と残念そうに語った。

 打席は2打数無安打だったが、一回の守備では三振を奪った直後の好送球で三盗阻止する併殺を決めた。梨田監督は「大丈夫だね」とうなずいた。

 「熊本を、野球で元気に!」を掲げた試合で、1万2922人の観衆が詰めかけた。「満員の中で久しぶりに(先発で)出られて楽しかった」と充実感も見せ「明日、頑張ります」と移動のバスに乗り込んだ。

...    
<記事全文を読む>