日本ハムが2試合連続の2桁得点で3連勝。5―5で迎えた六回2死満塁、代打の矢野が決勝の2点適時打を放った。レアードは三回までに2本塁打を放ち、前日から4打数連続本塁打としてプロ野球記録に並んだ。先発の有原は打線の援護に恵まれ、6回5失点ながら2勝目。ロッテは4連敗。

...    
<記事全文を読む>