◇阪神4-1DeNA 阪神が快勝。1-1の六回に中谷のソロで勝ち越し。八回には福留と鳥谷のソロで加点した。メッセンジャーは7回1失点でリーグトップの5勝目。ドリスが14セーブ目。DeNAは打線がつながらず、先発の井納も粘りきれなかった。

    ◇ 先制適時打に勝利を決定付ける本塁打。阪神の鳥谷がここぞの場面で抜群の集中力を発揮した。チームを快勝に導く5試合連続の打点。復活を期す今季、首位を走るチームを頼れるベテランが支えている。

 待望の今季1号は八回に飛び出した。福留がソロ本塁打を放った後に迎えた打席。負けじとばかりに内角の144キロを振り抜いた。「出合い頭」と謙遜したが、プロの世界を生...    
<記事全文を読む>