3-1の四回、東北楽天は右翼手ペゲーロと二塁手藤田の鮮やかな連係プレーで反撃を防いだ。相手に点が入れば流れが変わる状況だっただけに、梨田監督は「非常に大きいプレーだった。あれでイーグルスに流れが来た」と好守をたたえた。

 先発釜田が1死満塁とピンチを招き、田村(青森・光星学院高出)の打球は右翼のファウルゾーンへ。ペゲーロが長身を生かしてフェンス際の飛球を捕り、中継に入った藤田に好返球。「ボールが投げやすいところに来た」と半身の体勢で捕手足立に素早く送球し、三走の本塁生還を防いで併殺にした。

 藤田が中継に入った場所は一塁ベース付近。一塁手銀次に任せてもいい場面だったが、「自分が捕りに行った...    
<記事全文を読む>