東北楽天の銀次が五回、好守で則本の快投を支えた。1死一塁、左打者の柴田が放った一塁への強烈なライナーに飛びついて好捕。倒れ込むように帰塁する一走にタッチし、一人で併殺を完成させた。

 銀次は「打者が則本の速球を引っ張ってくるはず」と一塁線への打球を警戒。実際に柴田が引っ張ってきたのは変化球だったが、心の準備が奏功したという。

 今季は二塁手での出場も多く、「守備の状況判断の勉強を続けている」と言い、日々の積み重ねが生きた。

...    
<記事全文を読む>