開幕から東北楽天の4番を任されながら不調にあえいだアマダーがついに目を覚ました。一回にいきなりの満塁本塁打で打の主役になった。

 2死満塁、2ボールからの3球目、膝元へのボール気味の直球を引っ張り、左翼席へ大きなアーチを描いた。5日の西武戦を最後に先発を外され、6番に下がって3戦ぶりに先発復帰した9日も無安打。「やっと勝利に貢献できた」と名誉挽回の一打を振り返った。

 4月25日のロッテ戦、打席に入る際の曲がNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のテーマ曲に変わっていた。周囲が仕掛けた冗談だが、露骨に不快感を示すほど余裕がない状態だった。

 今回の一発は池山チーフコーチと相談し、球の待ち方を改善...    
<記事全文を読む>