セ、パ両リーグは10日、「スカパー! サヨナラ賞」の3、4月の受賞者が、セは鵜久森淳志外野手(ヤクルト)、パは聖沢諒外野手(東北楽天)に決まったと発表した。ともに初受賞。

 鵜久森は4月2日のDeNA3回戦(神宮)の延長十回、プロ野球16人目の代打満塁サヨナラ本塁打を放った。聖沢は同16日の日本ハム3回戦(コボパ宮城)で、同点の延長十回1死一、二塁から代打で右中間二塁打を放って試合を決めた。◎聖沢「いい場面での代打起用に感謝」 東北楽天の聖沢はコボパ宮城で記者会見し、「サヨナラヒットはうれしい瞬間だし、受賞できて光栄。いい場面での代打起用に感謝している」と笑顔を見せた。

 受賞対象の一打で...    
<記事全文を読む>