日本ハムは投手陣の踏ん張りで競り勝ち、連敗を2で止めた。一回に1点を先制された後、その裏と三回にレアードが適時打を放ち逆転。先発加藤は七回途中まで1失点と好投し、谷元、宮西ら救援陣4投手の継投で逃げ切った。西武先発十亀は打線の援護がなく2敗目。

...    
<記事全文を読む>