タクトに迷いはなかった。1点を争うシビれる展開。2―1の七回だ。先発の加藤が一死二塁のピンチを迎えると、栗山監督は谷元をマウンドへ送り込んだ。谷元は9番・木村文をきっちり左飛。これで二死とした。

 さらに動いた。好打者の1番・秋山に打順が巡り、「左対左」で宮西をぶつけた。宮西も秋山を空振り三振に斬った。八、九回はマーティンと増井が1回ずつ抑え、力強く逃げ切った。

 執念の「一人一殺」リレー。指揮官は「勝利の方程式はない。勝ちパターンの投手ばかりを(ベンチに)入れている」。その象徴が何度も修羅場をくぐり抜けてきた谷元&宮西の両腕だ。

 谷元が「たとえ悪くても抑えていかなきゃいけないのが僕らのポ...    
<記事全文を読む>