◇巨人9-7阪神 巨人が5本塁打で今季最多得点を挙げて逃げ切った。2-2の三回に坂本勇の3ランなどで4点を勝ち越し、その後も五回に坂本勇が2打席連続本塁打を放つなど着実に加点した。阪神は岩貞が4回7失点と連勝が6で止まった。

 本塁打は野球の華。東京ドームにアーチがかかるたび、巨人ファンの熱気は最高潮に達した。今季最多の5本塁打を放ち、両チーム合わせて20安打16得点の乱打戦を制した巨人。けん引したのは頼れる主将だった。勝ち越し3ランを含む2打席連続弾を放った坂本勇。「全然違う雰囲気」と話す伝統の一戦で存在感を示し、首位を走る阪神の連勝を止めた。

 2-2の三回。1死一、二塁で打席へ。頭をよ...    
<記事全文を読む>