終盤に4得点で追い上げただけに、東北楽天ベンチの作戦が不発に終わって5点差に突き放された四回が悔やまれる。2死一、二塁から、辛島が荻野、伊志嶺の連続長打で3失点。ともに通常の守備位置なら難なく取れそうな打球だったが、前進守備の指示を受けていた左翼岡島の頭を越えられた。

 二回1死一、三塁、島内の一ゴロでウィーラーが本塁を突き、先制したはずだった。それがリプレー検証の結果、幻に終わると嫌な雰囲気が漂い始める。

 0-2の三回に反撃機を逸し、迎えた四回のピンチで梨田監督は「今日のチェンは腕が振れている。3点目はやれない」と、単打でも本塁生還を阻む守備を指示した。「左翼からの逆風だったので、外野...    
<記事全文を読む>