◇中日8-1巨人 中日が今季最多の8得点で大勝し、連敗を6で止めた。二回にゲレーロの5号3ランで先制。その後はビシエドが4号ソロ、2点適時打などで4打点を稼いだ。7回無失点のジョーダンが2勝目。巨人は内海が4回5失点と崩れた。

 ◇  大型連休中にたまりにたまったファンの鬱憤(うっぷん)を晴らしてくれた。6連敗中のチームに待望の追加点をもたらしたのは4番ビシエドのバットだった。

 四回、先頭で打席に立ち、内海の真ん中低めに入ってきたカーブをとらえた。「完璧なスイング」から放たれた打球は左翼席に一直線。先制3ランのゲレーロと初のそろい踏みに、森監督も「助っ人が打てば勢いにも乗るし、点にもつな...    
<記事全文を読む>