プロ野球セ・リーグ公式戦の中日-DeNAが九日、岐阜市の長良川球場で開催される。六連敗中で最下位の中日。今季の対戦成績が二勝二分け二敗のDeNAを三連戦の頭でたたき、浮上の足掛かりにしたいところだ。

 苦しいチーム状態の中で、打線では大島洋平選手が好調を維持している。セ・リーグ打率部門で二位、得点圏打率も四割を超えており、この勝負強さを生かしたい。平田良介選手ら主軸の一発にも、期待が集まる。

 また、通算二千安打まで残り二十本のベテラン荒木雅博選手が、大記録へどれだけ迫れるかも見どころだ。

 投手では、中継ぎ陣の安定感が課題となる中、六日の巨人戦では岐阜城北高出身の伊藤準規選手、二年目の小笠...    
<記事全文を読む>