東北楽天のペゲーロは右翼の守備で動きが良くなかった。四回に2点を先制され、なお2死無走者から、木村文の飛球に対する判断を誤って頭上を越される三塁打に。3、4点目を失うきっかけをつくった。

 試合後、梨田監督は「今日は腰を悪くしており、一歩目のスタートが全て遅かった」と明かした。六回の守備から岡島と交代して下がった。森山外野守備走塁コーチは「腰のことを考えれば、左翼の方が(送球面などで)負担が少ないかも」と、コンバートの可能性を示唆した。

 茂木も先日痛めた左かかとが万全ではなく、梨田監督は「1年うまく使いたい」とこの日は休ませた。開幕ダッシュをけん引した1、2番コンビの状態が少し気掛かりだ...    
<記事全文を読む>