西武の先発は目下、防御率リーグトップの菊池。1、2点で勝敗が決まる厳しい戦いで、東北楽天の釜田は五回途中5失点と精彩を欠いた。「球の感じは悪くなかったが…。良い投手相手に粘り切れず、申し訳ない」と肩を落とした。

 三回までは互角の投手戦。速球で1安打にしのいだ菊池に対し、釜田も最速150キロの直球とバットの芯を外す変化球で2安打無失点と譲らなかった。

 明暗は四回に分かれた。

 先頭の浅村にフェンス直撃の中越え三塁打を浴び、続く中村に左翼へ痛恨の2ラン。「本塁打はしょうがない」と切り替えたものの、2死後には味方のまずい守備にも足を引っ張られて4連打を許し、2点を追加された。前半での4失点は「...    
<記事全文を読む>