東北楽天打線は西武・菊池に六回まで1安打無得点に抑えられるなど、今季最少の3安打に終わった。

 その中で七回、銀次が一矢報いた。四球と暴投などで2死ながら初めて走者を三塁に進めた場面。カウント1-1から菊池の156キロの直球を、払うように左前にはじき返した。「力でいっても負けてしまう。あそこはうまくバットが出た。ヘッドを利かせるイメージです」と振り返った。

 今季初の零封負けは逃れた。それでも、同じ岩手出身の後輩左腕の快投に、銀次は「速いですね」と舌を巻くしかなかった。

...    
<記事全文を読む>