西武の菊池(岩手・花巻東高出)は7回1失点と安定した投球で3勝目を手にした。二回から六回は走者を一人も出さず完璧に封じ、5者連続三振を奪う圧巻の内容。「カーブやチェンジアップと緩急を使いながら、勝負どころで真っすぐでいけて良かった」と納得の表情だった。

 チームは3連敗中だった。「ここでバタッといくか、もう一踏ん張りするか。シーズンを見てもターニングポイントになると思った」と考えて臨んだマウンド。エースとして連敗を止め、達成感に満ちた様子だった。

...    
<記事全文を読む>