筒香のホームラン、どこまで飛んだ? 横浜DeNAが5日のヤクルト戦から、ベイスターズの選手が放った本塁打の推定飛距離や最高到達点の公開をメディア向けに始めた。「ボールトラッキングシステム」という計器を駆使したセ・リーグ初の試みだ。

 横浜スタジアムに設置された特殊カメラで撮影した画像や映像を解析して、打球の軌跡などを分析する。公開第1弾として、五回に筒香が放った今季本拠地第1号の3ランは(1)打球速度159キロ(2)打球角度35度(3)推定飛距離116メートル(4)最高到達点、地上33メートルと発表された。

 「普段は知り得ないデータを知ってもらうことで、ひと味違った角度から楽しんでもらえ...    
<記事全文を読む>