五回1死二、三塁、代打で出た東北楽天の伊志嶺が、勝ち越し点を呼び込んだ。「まさかあんな形で勝ち越すとは思わなかった」。打った後の展開に驚いたという。

 内角直球を強振し、右翼線への鋭いライナーに。だが小谷野の好捕に阻まれ、さらに二塁転送で併殺かと思われた。ここで小谷野が二塁へ予想外の悪送球をした間に、三走島内が勝ち越しの本塁を踏んだ。

 八回、伊志嶺は五回の打ち直しのように右翼線二塁打を放った。嶋、細川が負傷離脱した後、足立、下妻と先発マスクを争うだけに「今がチャンスと思って頑張り続ける」と意欲を示した。

...    
<記事全文を読む>