1-1の五回、東北楽天の先発古川が2死満塁のピンチを背負う。「与田コーチが心を鬼にしたので、継投を決断できた」と梨田監督はルーキーの菅原に勝負どころを託した。「古川が頑張っていた。ここで打たれてはいけない」。菅原はベンチと仲間の期待に応える見事な火消しを見せ、わずか3球でプロ初勝利をつかんだ。

 「背伸びせず自分の球を投げる」と結果を恐れず強気に攻めた。カウント1-1からの3球目、外角直球に中島が手を出した。プロ初先発マスクの下妻は冷静に「直球でファウルか見逃しにし、(4球目の)スライダーで三振」を狙った。だが、菅原の得意球を使うまでもなく難なく二ゴロに打ち取った。

 今季は同じ中継ぎで新...    
<記事全文を読む>