◇楽天2-1オリックス 楽天は0-1の三回に茂木の犠飛で追い付き、五回に失策で勝ち越した。新人の菅原が五回2死満塁で好救援してプロ初勝利。松井裕が12セーブ目。オリックスはディクソンが6回2失点と好投したが打線の援護がなく今季初黒星。

 出番は1-1の五回2死満塁。先発の古川を継いだ楽天の新人右腕・菅原は覚悟を決めた。「ヒットも四球も許されない。全力で腕を振ろう」。1ボール、1ストライクからの3球目。外角の148キロの直球で中島を二ゴロに打ち取ると、ポンポンとグラブをたたいて喜んだ。

 直後の攻撃で勝ち越し、その1点を六回から4投手のリレーで守り切った。わずか3球でつかんだプロ初勝利に菅原...    
<記事全文を読む>