前進守備をあざ笑うかのように打球は右翼手の頭上を越えていった。中島が貴重な追加点を叩き出した。

 七回一死二塁。2ボール1ストライクからの4球目。ロッテ先発右腕・佐々木が投じた内角高めの直球をはじき返した。右翼越え適時二塁打。その後、2本のタイムリーも飛び出し、ロッテを突き放した。「次の1点がどっちに入るかという展開だった」。気合が入っていた。八回にミスもあってチームは4点を献上。貴重なラッキーセブンの攻撃が勝利を力強く、手繰り寄せた。

 信条を曲げた…わけではない。体が反応した。常にセンターから逆方向への打撃を心掛ける。だが、決定打の場面では思い切り引っ張った。「たまたまですね。反応で打...    
<記事全文を読む>