◇DeNA5-2巨人 DeNAが2本塁打で快勝した。二回に宮崎の1号2ランで先制し、三回には梶谷が6号2ランを放った。ウィーランドが先発し、6回2失点で2勝目。パットンが4セーブ目を挙げた。

 ◇  直近2試合でわずか1得点。沈黙するDeNA打線を前日にけがから復帰したばかりの宮崎が呼び覚ました。今季1号の先制2ランを含む3安打。同一カード3連敗を阻止し「チームが勝ったことが一番」と胸を張った。

 二回。先頭の筒香が四球で歩き、打席へ。宮国の外角スライダーに自然と体が反応した。「一発で仕留めることができた」と自賛した一打は放物線を描き、東京ドームの左翼席を青く染めたDeNAファンのもとへ。こ...    
<記事全文を読む>