東北楽天の茂木が、2-0の七回に価値ある2ランを放った。梨田監督は「非常にありがたい2ラン。試合が決定的になった」と感謝した。

 2死二塁の場面で打席が回り、2ボールから「緩い球が来るとイメージした」との読みが当たった。甘く入った変化球を力強く捉えて右中間スタンドの前列に運んだ。

 早くも今季6号。新人だった昨季の117試合で7本塁打をはるかにしのぐハイペースだ。「僕はホームラン打者じゃないが、いいスタートを切れている。狙い球を一球で仕留められる準備をして打席に入りたい」と意欲を語った。

...    
<記事全文を読む>