東北楽天が逃げ切った。二回に1死二、三塁から内野ゴロの間に1点を先取。六回は銀次の適時打、七回は茂木の2ランで4-0とした。先発則本は九回にT-岡田に2ランを浴びて降板したが、後続を松井裕が断った。則本は八回まで毎回の12奪三振で3勝目、松井裕はリーグトップの11セーブ目を挙げた。

 オリックスは先発松葉が7回4失点と踏ん張ったが、反撃が遅かった。

 東北楽天-オリックス5回戦(東北楽天4勝1敗、14時2分、Koboパーク宮城、27,259人)オリックス000000002=2東北楽天 01000120×=4(勝)則本5試合3勝1敗(S)松井裕17試合2勝1敗11S(敗)松葉4試合1勝2敗(...    
<記事全文を読む>