東北楽天の攻撃のヒーローは銀次だった。好走塁で先制のホームを踏み、貴重な2点目の適時打も放った。

 二回は三塁走者にいた1死二、三塁から、岡島の三ゴロで「サイン通りに」ギャンブルスタート。「オカジ(岡島)のバットの軌道でゴロを打つと分かった」と、抜群のスタートで本塁を陥れた。六回は1死二塁から左前に技ありの一打。「(直前に遊ゴロ失策で二塁まで進んだ)ウィーラーの好走塁が大きかった。嶋さんが抜けてああいうプレーが少なくなっていた。勢いがこっちにきた」と仲間をたたえた。

 東北の被災地の子どもたちを招待した「東北スマイルデー」。選手会長は「今日は何が何でも勝たなきゃいけないと朝から思っていた」...    
<記事全文を読む>