東北楽天打線は金子の投球に翻弄(ほんろう)された。0-3の七回に島内の犠飛で1点を返すにとどまり、梨田監督は「ストライクゾーンの両サイドを使って緩急をつけられた。金子が非常に良かった」とお手上げの様子だった。

 金子とは開幕戦以来の対決。5回4得点でKOした前回とは一転、完投目前の快投を許した。早いカウントから打ち取られる場面が目立ち、六回まで三塁すら踏めない展開。九回に先頭から2者連続四球でマウンドから降ろしたが、後続に一本が出なかった。

 3打数無安打の茂木は「制球が抜群で球の切れも良く、仕留め切れなかった」と力負けを認めるしかなかった。

...    
<記事全文を読む>