東北楽天のルーキー菅原が九回に好救援を見せた。3番手森原が1点を失った後の2死一、二塁で登板。伊藤を得意のスライダーで3球三振に仕留め、「この経験は今後のプラスになる」と手応えを得た。

 直近3試合は無失点だったが安打を許し、内容には納得していなかった。「追い込んでから浮いた球を打たれた」と課題を見つけ、決め球の精度向上に努めてきた。

 開幕から中継ぎ陣の一角を担いながらも、信頼度アップのため「もっとアピールしないといけない」と話す。梨田監督も「彼がいい場面で行けるようになるとブルペンも楽になる」と期待している。

...    
<記事全文を読む>