◎常に「足して10」 野村元監督 米大リーグで活躍する田中将大(ヤンキース)、上原浩治(カブス)が背負うように、「19」は好投手を連想させる背番号。東北楽天では今季ドラフト1位の藤平尚真(神奈川・横浜高出)が3代目の19番になった。最速152キロを投げる超高校級の右腕で「将来、田中クラスに成長する」と球団の期待は大きい。

 2代目(06~09年)はご存じ野村克也監督。南海(現ソフトバンク)で戦後初の三冠王になった現役時から19番を付けており、オールドファンにはおなじみ。東北楽天監督に就任時も「足して10になるのがワシのラッキーナンバー」と執着。ヤクルト、阪神監督時代の「73」「82」に続...    
<記事全文を読む>