日本ハムは今季最多の11得点に高梨が3安打でチーム完封一番乗りと投打がかみ合って大勝。二回、中島の中前適時打と浅間の右翼線2点二塁打で3点を先取。その後もレアードのソロや田中賢の3ランなどで差を広げた。高梨は直球に伸びがあり、三塁を踏ませなかった。ロッテは投打に振るわなかった。

 1週間の調整でテークバックを大きく使うフォームに修正。効果は球威に表れ、序盤から力強い直球でフライアウトを量産した。打線の援護にも後押しされ、五回まで散発3安打。三塁すら踏ませなかった。

...    
<記事全文を読む>