東北楽天の岸は7回1失点の数字以上に、大胆かつ細心の投球が光った。予告先発となっていた4月23日の登板は、ブルペンで足元のロージンバッグを拾おうとした際に腰を痛めて回避。その影響を感じさせず、梨田監督は「内角を突いたかと思えば、外角にズバッと投げたりね。勝ち投手にさせたかった」とたたえた。

 一、三回はピンチを招き、手探りの投球だったが、四回2死一塁で田中賢を見逃し三振に仕留めると、持ち味の変幻自在の投球を見せ始めた。「徐々に低めに決まってきた」と、五回の大田、石井一、大野まで4者連続三振。決め球の制球が素晴らしく、いずれも外角低めを突いて仕留めた。

 七回1死一塁から田中賢、大田に難しい...    
<記事全文を読む>