バドミントンのアジア選手権は29日、中国の武漢で各種目の準決勝が行われ、女子シングルスで世界ランキング5位の山口茜(福井県立勝山高出身、再春館製薬所)が同7位のヘ・ビンジャオ(中国)を2―0で破り、決勝に進んだ。

 第1ゲームはシーソーゲーム。12―13から3連取で抜け出すと、徐々に差を広げ21―15で先取した。第2ゲームは山口が先行。9―7から5連続失点し逆転されたが、8連取し19―17と再びリード。粘られ19―19と並ばれたが2連取してストレート勝ちした。ヘ・ビンジャオとの対戦成績は3戦全勝となった。

 国際大会で山口が決勝に進出したのは、今年3月に優勝したドイツ・オープン以来。

 決勝...    
<記事全文を読む>