前OPBF東洋太平洋フライ級王者で世界ボクシング評議会(WBC)世界フライ級1位の比嘉大吾(12戦12勝12KO無敗=浦添市出身、宮古工業高出、白井・具志堅スポーツ=)が来月20日、東京・有明コロシアムで初の世界戦に臨む。試合まで1カ月を切り、質・量ともに最大限の練習で追い込みをかける比嘉は「良い形で来ている。今は勝つことしか考えていない」と世界王座奪取へ照準を定めた。

...    
<記事全文を読む>