ジャパン・オープン第2日は29日、東京辰巳国際水泳場で行われ、デュエット・テクニカルルーティン(TR)で乾友紀子、中村麻衣組(井村シンクロク)が90・4721点でトップに立った。

 乾が中牧佳南(井村シンクロク)と組むフリールーティン(FR)は30日に実施される。

 出場1組の混合デュエットは安部篤史、足立夢実組(楓心舘シンクロク)が合計168・3902点だった。フリーコンビネーションは日本(乾、田崎、小俣、中牧、中村、阿久津、丸茂、福村、大沢、山崎)が93・1667点で優勝した。

 同時開催された日本選手権のフリーコンビネーションで、茨城・谷田部中1年の12歳、佐藤陽太郎がジョイフルアス...    
<記事全文を読む>