【東京】5月20日の世界タイトル戦(東京・有明コロシアム)に臨む、プロボクシング・東洋太平洋(OPBF)フライ級チャンピオンの比嘉大吾(21)=宮古工高卒、白井・具志堅スポーツジム、12戦12勝(12KO)=が28日、琉球新報の取材に応じた。比嘉は「沖縄から世界チャンピオンになる」などと語り、所属ジム会長で元世界チャンピオンの具志堅用高氏と同じ21歳でのタイトル獲得に意欲を見せた。比嘉はWBC世界フライ級チャンピオンのファン・エルナンデス(30)=メキシコ、36戦34勝(25KO)2敗=と対戦する。◆状態良好「KO狙う」 ―現在の状態、トレーニング内容は。

 「状態はすごくいい。(今月上...    
<記事全文を読む>