テニスのカンガルーカップ国際女子オープン2017は30日、岐阜市の長良川テニスプラザで開幕する。2008年の同大会で11年半のブランクを経て復帰し、12年大会でシングルスを制した46歳の伊達公子(エステティックTBC)が、約1年4カ月ぶりにけがから復帰するほか、県勢有力選手も多数参戦し、激しい戦いが繰り広げられる。

 国際テニス連盟(ITF)公認大会。32人が出場するシングルス本戦は世界ランキング上位の24人と、主催者推薦4人、予選通過者4人。ダブルスは16組で争われる。

 現在ランキングが無い伊達は、シングルス本戦に主催者推薦で出場。昨年1月の全豪オープン予選で左膝半月板を断裂し2度の手...    
<記事全文を読む>