2020年東京五輪に向け、ドイツ柔道連盟は27日、延岡市での事前キャンプ実施がほぼ内定していることを明らかにした。同日来県した同連盟のペーター・フレーゼ会長が同市の市民体育館と旭化成柔道場を視察し、報道陣に「延岡をキャンプ地に99パーセント選ぶ」と述べた。強豪・旭化成柔道部の拠点があることを評価したとみられる。本県では宮崎市でドイツ陸上競技連盟も事前キャンプを行う予定で、決定すれば2競技目となる。

...    
<記事全文を読む>