【鈴鹿】鈴鹿市を拠点に、ハンドボール女子日本リーグでプレーする三重バイオレットアイリス(櫛田亮介監督)の移籍選手、新人選手計五人が二十七日、同市役所の末松則子市長にあいさつした。

 来庁したのは、昨年五月に飛騨高山ブラックブルズから移籍した細江みづき選手(24)=日体大卒、岐阜県下呂市出身=、今季新加入する島居宏汀選手(22)=武庫川女子大卒、四日市市出身=、中田夏●選手(22)=福岡大卒、福岡市出身=、林美里選手(22)=桐蔭横浜大卒、名古屋市出身=、水谷雪菜選手(22)=茨城大卒、同=。

 細江選手は「二シーズン目に入り、いろいろなことに挑戦して頑張りたい」、島居選手は「地元選手としてみ...    
<記事全文を読む>